医療通訳に関する経験と実績から学べること

医療通訳士の養成に向けた研修や教育も活発に行われています。
講習会や研修の機会を提供しているNGOや国際交流協会は少なくありません。
全国的にみても受講者の数は1000人を軽く越えており、英語や中国語、スペイン語やポルトガル語など対象言語は20以上にのぼります。
また、近年では医療通訳の教育を行う大学もあり、医学部や薬学部も巻き込んだ取り組みをおこなっているところもあるほどです。
また、ITを活用した外国人医療支援モデルも開発されています。
電話による救急の通訳サービスや遠隔医療通訳システム、自動翻訳システムなど今後ますます需要が高まることが予想されています。
米国では1980年代からプロフェッショナルな通訳士が病院などで働いており、訴訟リスクを回避するために通訳士の技術向上名常々求められているのが現状です。
多様なニーズに対応するためには、複合的なアプローチが必要になります。
日本においても常勤スタッフとしての雇用や英語のみならず多言語を話せるスタッフの採用など幅広いアプローチが必要です。

お肌をキレイにするお手伝い
をいたします

名古屋 インビザライン

自然に治すクリニック

最新投稿

  • インターネットでも医療保険に入れる

    最近ではインターネットの普及により、医療保険の申し込みもできるようになりました。
    特にネットで …

    続きを読む...

  • 在宅医療の良い点には何があるか

    在宅医療には、病院へ入院する場合にはない良い点があります。
    まずは、慣れ親しんだ空間で治療を進 …

    続きを読む...

  • 医療の仕事に携わるチャンスはいくらでもある

    今の有効求人倍率が高い時代のことを考えると、医療関係の職場に携わるチャンスと言うのは、いくらでもある …

    続きを読む...

  • 在宅医療の良い部分にはどんなものがあるか

    在宅医療については、入院にはみられない良い部分があります。
    まずはじめに、愛着のある環境で治療 …

    続きを読む...

お知らせ

一覧